==> 国立大学独立行政法人化の諸問題
蓮實重彦国立大学協会長が小渕首相と面会 [he-forum 700,701]

蓮實重彦国立大学協会長が小渕首相と面会


『毎日新聞』2000年3月16日

独立行政法人:
蓮實重彦・国立大学協会長が小渕首相に慎重要請 
 蓮實重彦・国立大学協会長(東大総長)は16日、首相官邸に小渕恵三首相を訪ね、国立大学の独立行政法人移行問題について慎重な検討を要請した。

 独立行政法人は、国の事務事業を切り離して別法人に行わせる制度。国立大については昨年4月、「大学の自主性を尊重しつつ2003年までに結論を得る」と閣議決定されたが、国大協は「教育・研究機関である大学に適用するのはおかしい」(蓮實会長)との立場で、独立行政法人化する場合も、特例法の制定を求めている。


asahi.com 2000年3月16日付

国立大法人化で東大学長、首相官邸に乗り込み「直訴」

「このままでは国の将来を誤る」「大学のために国はもっとお金を 注いでほしい」。国立大学の独立行政法人化をめぐり、国立大学協会 の会長の蓮實重彦・東大学長らが16日、首相官邸に乗り込み、小渕 恵三首相に再考を「直訴」した。

蓮實氏と国大協副会長の中嶋嶺雄・東京外国語大学長が文部省の佐 藤禎一事務次官立ち会いで面会した。

国立大を行政法人とする案はもともと、小渕首相が国家公務員の数 を2010年度までに25%削減する公約を掲げたことに始まってい る。「数合わせ」の論理の中で、約12万5000人の教職員をもつ 国立大が目を付けられたかっこうだ。政府内では、国立病院や陸運局 の自動車検査業務などの行政法人化がすでに決まっている。

蓮實氏らは「行政法人になる他の機関と国立大を同列に扱うことに は慎重であってほしい」「国から切り離すのなら、大学の特殊事情を 踏まえた全く別の制度による法人化も考えてほしい。国が衰退しない ためには、予算増は絶対必要だ」などと力説した。小渕首相は「おっしゃ ることは理解できる」と言葉少なにうなずいていたという。(20:09)