==> 国立大学独立行政法人化の諸問題

調査検討会議についてのある情報


From: "Masataka Takemori"
To: 高等教育フォーラム 
Cc: 大学改革情報 
Subject: [he-forum 1044] 調査検討会議についてのある情報
Date: Tue, 20 Jun 2000 10:20:53 +0900

岐阜大学地域科学部の竹森です。
学内で学長のもとに設置された独立行政法人化問題検討委員会
での学長報告のメモですが、まだどこでも報じられていないようで
すので、紹介します。

6月9日に文部省から国大協に調査検討会議への参加要請があった
こと、その際国大協側は聞き置くレベルにとどめ、総会で検討するこ
ととした。これらは知られているところですが、その際に文部省はか
なり具体的に調査検討会議の構成についても提案をしたようです。
学長の報告にしたがって再現してみますと、以下のようになります。

 文部大臣のもとにある「今後の国立大学等の在り方に関する懇談会」
(俗に「賢人会」という)の下に「調査検討会議」がおかれる。
 この調査検討会議は、4つのWG(各15人程度)、全体で60人ほどの構成
 第1グループ:法人の基本問題
 第2グループ:目標・計画・評価等に関する問題
 第3グループ:人事システム
 第4グループ:財務・会計システム
 以上の4つのWGには、国立大学の学長を3人入れ、他には外部の有識
者(公立大、私大、経済界、マスコミの代表など)5人、研究者代表5人(これ
は部局長などを想定)、それに国立大学の事務局長から1人、地方のバラン
スを考慮して編成する。
 各グループには、それぞれ国大協の第1常置委、第8常置委、第4常置委、
第6常置委の委員長がその座長を務め、委員から2人ずつ参加を求めるとい
うもの。
 各グループの調整のために、連絡調整会議をおくことも検討しているという。
国大協総会では、この調査検討会議に参加することそのものへの異論もでた
が、最終的には発表されたようなことになった。国大協会長は賢人会または連
絡調整会議に参加していくべきとか、参加する場合には各委員が国大協の意
を踏まえていくべきとか自由な立場でいいとかの議論もあった。

以上のようなものです。今後どう具体化されるか注視する必要がありますが、
まずは北大の辻下さんがhe-forum1042などで指摘されているように、参加自体
を問題にする必要がありますと思います。
加えて注意が必要だと思うのは、国大協の総会決議の受けとめ方、さらに
は5月の文部大臣説明とその後の質疑の受けとめ方、かなり大学ごとに「温度差」
があるのではと感じている点です。現局面をどう理解するか、私にはわかりかねる
ところがあるのですが、情報網を広げて確認する作業をどこかでやる必要がある
のではないでしょうか。