==> 国立大学独立行政法人化に抗して
「全学投票準備会」設立の呼びかけ

「全学投票準備会」設立の呼びかけ


To: hu-members
From: Toru Tsujishita 
Subject: 「全学投票準備会」設立の呼びかけ

                       1999年11月10日


北海道大学構成員の皆さまへ


国立大学協会の総会が来週11月17日・18日に開かれます。各地の学長会
議での文部省による説明が終わり、それを踏まえて国大協としての態度を決め
ることが予想されますので、この総会は独立行政法人化問題の大きな分岐点に
なります。この前に、北海道大学の構成員の意見を何らかの形で表明する必要
があると判断し、2つの提案をさせていただきます。時間のない方は、背景説
明(***の間)を飛ばしてください。

辻下 徹

                           ********************

文部省は、各地の学長会議で説明したように、通則法の枠内で独立行政法人化
の案を作る予定です。しかし、特例措置で通則法をどのように繕っても、文部
科学省と総務省による強い多重統制、学内における官僚の常駐、日常化する廃
校の脅威、等は変わらず、独立行政法人大学は私立大学の人も呆れるほど粗悪
な法人組織であることには変わりません。しかも、9月に文部省が示した対症
療法的な特例措置ですら、実現できるかどうかは全く保証できないことを文部
省自身が各地の学長会議で念を押しています。

独立行政法人化が良いわけはないが不可避だ、あるいは、世の中の流れに逆ら
えない、あるいは独立行政法人化は無茶な話だが、それを逆手に取って大学は
活性化できるのではないか、等、色々な考えがあるとは思いますが、どれも独
立行政法人化を誤解していると思われます。極端に言いますと、「自分は法人
化は大歓迎、教育研究での競争も賛成、大学で効率中心主義も賛成、活発でな
い部局を潰すのにも賛成」という人でも、独立行政法人化だけは反対しなけれ
ばならないということに気付いて頂きたいと思います。これは、敵も味方も関
係なくすべてを流し去る不気味な洪水でしかないのです。

この危機を回避するには、1月に文部省案の大枠が出るのを待っていては遅す
ぎます。1月以降、文部省が政府と折衝する過程でその細部を埋めるために必
要となる無数の問いが国立大学に発せられるようになるでしょう。この前紹介
しました、通産省の工業技術院の独立行政法人化の過程で起こりましたように、
私たちはその問いと文書の濁流の中を必死に泳ぎ、着いた岸に這い上がってみ
ると、そこは夢のかけらも残っていない独立行政法人大学であった、という経
緯を辿ることは必至です。

冷静に考え選択することができる時間はほとんど残されていません。1月では
遅すぎるのです。

名古屋大学では「独立行政法人化に反対する共同声明の会」が9月28日に結
成され共同声明案を作り、来週の国大協開催前にマスコミ等を通じて広く国民
に大学人の意思を表明するため、一昨日8日(月曜日)に全学の3000名に
共同声明案(添付)を配り、共同声明連名賛同者を募っています。

北大では残念なことに、北海道新聞の9月30日朝刊の「学長が法人化の是非
や課題を全学で検討するよう各学部長に指示した」という誤報道がそのまま放
置されたことも一因となり、議論の場を構成員の方から立ち上げる必要性を認
識することが大幅に遅れてしまいました。10月29日に学長に国大協開催前
に全学の意見を緊急に集約することを要望しましたがその措置はとられていま
せん。

                           ********************

そこで、幾人かの方とご相談した結果、名古屋大学の全学的な動きに呼応して、
緊急に以下の2つの行動をとることが、この時点で有効であると判断しました。

(1)名古屋大学の共同声明は、長い時間をかけて準備されたもので、内容も
格調も全国立大学の共同声明としてもふさわしく、名古屋大学の国大協開催前
のマスコミ発表は全国立大学にとって極めて意義深いものである。そこで、こ
の共同声明への賛同者を北大内で緊急に募りその数を名古屋大学の「独立行政
法人化に反対する共同声明の会」に通知することにより、応援する。

(2)北海道大学で独立行政法人化の是非を問う無記名全学投票を年内に行う。
その準備会(仮称:全学投票準備会)設立の賛同者を募り、国大協総会開催の
直前に報道機関に、名古屋大学の共同声明への賛同が北海道大学からあったこ
とと、全学投票準備会が結成されたことを、賛同者数と共に知らせる。

この方針に賛同される方は、メールで
tujisita@math.sci.hokudai.ac.jp
まで次のようにご回答頂ければ幸いです。
なお、(1),(2) 双方に回答される場合は、それぞれ一つのメールでお願いします。

(1)名古屋大学の共同声明に賛同にされるかたは、Subject 欄には
	nagoya
だけ記入したメールをお寄せください。

(2)全学投票準備会の設立に賛同されるかたは、Subject 欄には
	hokudai
だけ記入したメールをお寄せください。

賛同だけでなく、全学投票準備会の設立に連名してよいという方は、Subject 欄には
	hokudai-name
だけ記入し、本文に以下を御記入ください。
--- cut here ----------------------------------------------------
ご氏名:
ご所属:
email:
TEL:
その他:
--- cut here ----------------------------------------------------

なお、匿名で意思表示を希望されるかたは、Subject 欄に記入する内容のメモ
を次にFax ください:706-3823, または、内線 3823

**(1)の締め切りは11月13日(土曜日)とさせていただきます。
**(2)の第一次締め切りも11月13日(土曜日)とさせて頂きます。

ご多忙の中、30分で結構ですので、独立行政法人化について再考の上、御回答下
さいますようお願いいたします。なお、若干の資料が
http://fcs.math.sci.hokudai.ac.jp/dgh
にありますので、参考にしてください。

辻下 徹
理学研究科数学専攻
内線 3823
tujisita@math.sci.hokudai.ac.jp