==> 国立大学独立行政法人 化に抗して
北大学長へのメール

北大学長へのメール


Date: Mon, 29 Nov 1999 10:53:27 +0900
To: bureau
From: Toru Tsujishita
Subject: 朝日新聞報道に関するお礼とお願い
Cc: hu-members

北海道大学学長
丹保 憲仁 殿

次の報道に関連してお礼とお願いがあります。
------------------------------------------------------------
11.25朝日新聞報道
「情報公開し十分議論を」
独法化問題で北大総長

北大の丹保憲仁総長は24日、学内での記者懇談会で独立行政法人(独法)化
問題に触れ、「自分が得た情報はすべて学内に公開し、できる限りの議論をし
てもらいたいと各学部長に伝えた」と話した。

丹保総長は「国立大学協会ですら、独法化は具体的にどうなるのか、十分な情
報がない」と強調。北大としては、2年前の評議会で決議した「反対」の意思
に変わりはないと述べたが、「賛成か反対かで片づく議論ではない。独法化し
たら、国立大学として守らなければならないのは何なのか。反対するなら対案
をどうするか。全員が責任をもってそこまで議論すべきだ」と話した。
------------------------------------------------------------

北大は依然として独立行政法人化に反対である点を学内外に明言して頂いたこ
とに感謝します。

また、我々全構成員に、独立行政法人化の必要条件の検討と、独立行政法人化
の対案の提出の機会を与えて頂きましたことを深く感謝しております。全学の
知恵を絞り、また同じ問題に直面している多くの大学人の知恵を借り方向を探
ることを呼びかけていきたいと決意を新たにしています。

なお、この御発言の背景には「国立大学として守らなければならないのは何な
のか。反対するなら対案をどうするか。」について北大執行部として、「責任
を持ってそこまで議論した」からだと推察します。8月19日部局長会議で配
付された「独立行政法人化に関する検討WG」の中間まとめ以後の検討を呈示
して頂ければ幸甚です。それも含めて検討をしたいと思っております。

辻下 徹
理学研究科数学専攻
内線3823