==> 国立大学の独立行政法人化問題を考える
独立行政法人の企業会計制の一側面

独立行政法人の企業会計制の一側面

辻下 徹
独立行政法人大学にとって授業料以外の方法で収益を得る手段は、運営交付金
の債権を国に部分的に放棄してもらうこと以外にはありません。大学の諸活動
に対する債権放棄の額を決める権利は国が持っています。それを通して大学の
活動への強い干渉が起こる余地があります。

以下もう少し詳しくご説明します。複式簿記のことを知らない方は末尾に簡単
な説明を加えてみましたのでごらんください

単純な例:
(1)運営交付金100万.
(2)旅費9万を支給.
(3)職員の給与合計 50万支給.
(4)27万の計算機を購入.
(5)図書を15万購入.
(6)授業料 40万.
このとき複式簿記への記載は次のようになります。
金の動きが2箇所に記載されることが肝心です。
(収益だけ同額になっていますが、他は符号が逆です。)
(**借方・貸方という2行形式はやめて正負で一行で表現しています)

表は等幅フォントでご覧下さい。

   -------------------|--------|------||----------------|-----------------
      資産            | 資本   | 負債 ||   費用         | 収益
   -------------------|--------|------||----------------|-----------------
   現金 |計算機|図書  |        |      || 人件費|  旅費  | 授業料    | ???
   -----|------|------|--------|------||-------|--------|-----------|-----
(1) 100 |      |      |        |  100 ||       |        |           |
(2)  -9 |      |      |        |      ||       |     9  |           |
(3) -50 |      |      |        |      ||   50  |        |           |
(4) -27 |   27 |     |        |      ||       |        |           |
(5) -15 |      |   15 |        |      ||       |        |           |
(6)  40 |      |      |        |      ||       |        |  40       |
   -----|------|------|--------|------||-------|--------|-----------|-----
     39 |   27 |   15 |        |  100 ||   50  |     9  |  40       |


これをもとに、決算時に次の2つを作ります。
【貸借対照表】
期首資本  0 (=期首資産 100 - 期首負債 100)
期末資本  -19 (=期末資産 39+27+15 - 期末負債 100)
---------
純利益 -19

【損益計算書】
収益 40
費用 59
----------
純利益 -19

以上からわかることは、たとえば、100 万円と自負する論文を誰かが書いたと
します。これを複式簿記に記入するには2箇所に100万が現れなければなりま
せん。可能なのは、次のxの2箇所しかありません。


      資産   | 資本   | 負債 ||   費用         | 収益
 ------------|--------|------||----------------|-----------------
        |        |      || 人件費|  旅費  | 授業料    | 論文掲載
-------------|--------|------||-------|--------|-----------|-----
     x                   x                                    100

(1)資産

      資産   | 資本   | 負債 ||   費用         | 収益
 ------------|--------|------||----------------|-----------------
    論文   |        |      || 人件費|  旅費  | 授業料    | 論文掲載
-------------|--------|------||-------|--------|-----------|-----
      100                                                      100

資産としては「骨董品」と同じように「論文」という項目(「論文勘定」)を
作る。しかし、算出法次第でその額はどうにでもなるので資産と認められるとは
思えない。

(2)負債

      資産   | 資本   | 負債 ||   費用         | 収益
 ------------|--------|------||----------------|-----------------
        |        |      || 人件費|  旅費  | 授業料    | 論文掲載
-------------|--------|------||-------|--------|-----------|-----
                       -100                                    100

資本の部分には書けないことは明らかなので、結局負債の部分になる。そうす
ると、論文を書いたり講義をしたとき、その評価に応じた額を国が債権抛棄す
る、という形式しかないことになる。大学の多くの無形の活動に対し、国は明
示的に干渉できる可能性があることになります。これは5年ごとの総務省によ
る改廃審査に匹敵する脅威と思われます。

【複式簿記の超簡単説明】
小学館の百科辞典の例を参考に、基本的構造をご説明します。
(会計学のご専門の方で誤りを気付かれましたらご指摘下さい)。

〈** の部分は複式簿記の用語との関係を説明したもので、省いて読んでも
結構です。単位は万円 〉
(1)手持ちの現金300と借金200を元手に運送業を始める。
  (**これは本当は2行に書くべき)
(2)トラックを購入し、代金300は現金払い。
(トラックという形の資産300が生じ、代金という形で300の資産がなくなる、
 と考える)
(3)ガソリン代50を現金払い。
(4)物品の運送を行い、代金150を現金で受け取る。
(5)トラックの修繕を行い、代金100を現金払い。
(**「資産の中の現金という項目(現金勘定という)の借方に200を記入し
 収益の中の運送料勘定の貸方に200を記入。」という言い方をする。)
(6)物品の運送を行い、代金200を現金で受け取る。
このとき複式簿記では次のような記録をとります。

これはふつう次ぎのような形式で記載します(借:借方、貸:貸方の略。)
500の現金が入ったことを「借方」欄に記入するのは、たとえると、
現金担当者が 500 を預かるというように解釈するそうです)

------------------------------------------------------------
        資産   |資本金|負債  |       費用          | 収益
---------------|------|------|---------------------|--------
現金    | 車両 |      |      |  燃料費  |  修繕    | 運送料
--------|------|------|------|----------|----------|--------
借   貸 |借 貸|借 貸|借 貸|借方 貸方|借方  貸方|借方 貸
--------|------|------|------|----------|----------|--------
300     |      |   300|      |          |          |
200     |      |      |   200|          |          |
    300 |300   |      |      |          |          |
     50 |      |      |      |   50     |          |
    100 |      |      |      |          |100       |
150     |      |      |      |          |          |150
200     |      |      |      |          |          |200
--------|------|------|------|----------|----------|--------
400     |300   |   300|   200|   50     |100       |350

のように記載するそうですが、借方・貸方という表現はやめて正負
で表現します。収益の所は貸方の方です。

      -----------|--------|------||----------------|---------
         資産    | 資本   | 負債 ||   費用         | 収益
      -----------|--------|------||----------------|---------
      現金 |車両 |        |      || 燃料費|  修繕  | 運送料 |
      -----|-----|--------|------||-------|--------|--------|
1a)  300 |     |   300  |      ||       |        |        |
1b)  200 |     |        |  200 ||       |        |        |
  2)-300 | 300 |        |      ||       |        |        |
  3) -50 |     |        |      ||   50  |        |        |
  4)-100 |     |        |      ||       |   100  |        |
  5) 150 |     |        |      ||       |        |  150   |
  6) 200 |     |        |      ||       |        |  200   |
      -----|-----|--------|------||-------|--------|--------|
      400  | 300 |   300  |  200 ||   50  |   100  |  350   |

これを下に期末に次の2の計算書を作ります:
【貸借対照表】
期首資本  300 (=期首資産 500 - 期首負債 200)
期末資本  500 (=期末資産 700 - 期末負債 200)
---------
純利益 200

【損益計算書】
収益 350
費用 150
----------
純利益 200

表の作り方から同じ額が出ます。