2004年09月22日

首都大学東京の認可の留意事項

大学設置・学校法人審議会答申資料より

1.既設大学の教育研究資源を有効に活用し,統合の趣旨・目的等が活かされるよう,設置者及び各大学間の連携を十分図りつつ,開学に向け,設置計画(教員組織,教育課程の整備等)を確実かつ円滑に進めること。

2.名称に「都市」を冠する「都市教養学部」の教育理念を一層明確にし,これにふさわしい特色を持つ体系的な教育課程の編成に一層の配慮をすること。特に分野横断型の「都市政策コース」や「都市教養プログラム」等,要となる科目群の教育内容について独自性が十分発揮されるよう,その充実を図ること。

3.関係組織間の適切な連携の下,単位バンクシステムや学位設計委員会等の新たな試みが円滑かつ有効に機能するよう努めること。

4.学生の選択の幅を拡大するコース制等を導入するに当たっては,大学設置基準第19条に掲げる教育課程の体系的な編成に十分留意すること。また,学生が科目等の選択を円滑に行えるよう,きめ細やかな履修指導体制の一層の充実を図ること。

5.平成18年度開設に向けて構想されている新たな大学院については,新大学の趣旨・目的等にふさわしいものとなるよう十分に配慮した上で,その構想を可及的速やかに検討し,示すこと。

口頭で関係者に伝えられた留意事項もあるそうだが、これは公表されない。

tjst |9月22日 |URL:http://www.ac-net.org/dgh/blog/archives/000622.html |東京都の大学支配問題
Comments

分類「 東京都の大学支配問題」の記事より

日本科学者会議声明 2003.11.30 - 12/03
山口文江東京都議会議員:都立大改革審議11/13にコメント - 11/28
東京都大学管理本部のメディア操作疑惑等 - 11/28
東京都大学管理本部が検討経過をねつ造 - 11/26
11月13日都議会文教委員会大学管理本部関係傍聴記 - 11/18
アリバイ作りか、新都立大学説明会 - 11/18
東京都立新大学の説明会11/17 - 11/16
都立新大学開設への「突貫準備」の実相 - 11/06
東京新聞11/2「『学生の声、反映してない』」 - 11/04
「都立の大学を考える都民の会」設立趣意書 - 11/04
弁護士による状況判断:社会は東京都より都立大学を支持 - 10/31
高校側も心配する「新都立大学」 - 10/31
都立大史学科OB会有志抗議声明 - 10/29
東京都立大学1年生のアピール - 10/26
都立大学改革についての神戸大教職組緊急声明10/21 - 10/25
都立科技大:学長名意見表明批判 - 10/23
東京都を蝕んでいく秘密主義 - 10/23
11/1シンポジウム「廃止して良いのか?都立大学!!」PDF版 - 10/22
大学管理本部と都立大学のいずれがプロか - 10/19
朝日・武蔵野版が都立大学院生の公開質問状を報道 - 10/18
都立大学学生自治会抗議声明10/10 - 10/18
都立大学:10/15学生説明会に500名余が参加 - 10/18
東京歴史科学研究会委員会声明10/16 - 10/18
都立大の危機 FAQ 廃校 or 改革? - 10/16
11/1 都立大学祭企画「廃止して良いのか?都立大学!!」 - 10/11