2004年10月31日(日) |1053534 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[149] (宮城県/23歳 学生)2005-03-09 20:58:49

最初に証生さんのご冥福を申し上げます。
今回の事件は私にとって、ものすごく衝撃が大きかったです。他人の死がこんなにも悲しく、涙を流したことはありませんでした。政府の対応は最善を尽くしたとは言い難いものだったのでは?と私は思います。人間のエゴが丸出しの戦争。後には「幸せ」の言葉なんて残るはずもない、醜い争い。なぜ、人間は争いをするの?証生さんは、命をかけて争いの醜さ、命の尊さを教えてくれました。戦争を他人事のように思っていた自分は、彼の訃報をニュースで知った時、表現できないほどのショックを受けました。証生さんが残してくれたものを無駄にはしません。逢って話をしてみたかった・・。一生忘れません。
ご家族の皆様、ご心痛が少しでも和らぎ、平穏な日々を過ごされますよう心より祈っております。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme