2004年10月31日(日) |1058979 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[154] 香田さんを改めて思い出しました。(福岡県/福岡市)2005-03-23 01:19:52

このサイトを見つけて登録番号を取得しましたが何度も書き込みしようと思ってもご遺族のお気持ちを考えると良い言葉も浮かばずに今まで時間がたってしまいました。私は現在福岡県福岡市に住んでいます。ご存知のようにほんの2日前に大きな地震が福岡市を襲いました。そのとき私は家にいたのですが、今まで感じたことのないほどの恐怖を味わいました。「このまま私は死んでしまうのだろうか?」そして地震が落ち着いて改めて、香田さんのことをまた思い出していました。自分が死ぬかも知れない、あの恐怖を今回私たちはほんの10秒程度味わったにすぎません。でも香田さんはあの恐怖を48時間も味わったなんて・・・本当に胸が痛みます。今までも香田さんの立場に立って「辛かっただろうな、怖かっただろうな・・」と考えていたつもりですが、それは思い込みだったような気がします。あんなに恐ろしい感覚を48時間も・・?そのことを考えるととても正気ではいられない気持ちです。結局私たち人間は同じような立場に追いやられないとわからないのでしょうか・・?でも、小泉首相にはわかってもらいたかったです。ご家族や、友人、そして香田さん本人の気持ちを。そしてもう少し考えた行動をとって欲しかった。それが国の代表\としての責任ではないのでしょうか?もう今となっては香田さんは戻ってはきません。でも、一人でも多くの人が彼のことを忘れずに覚えていてあげることが一番大切なんだと思います。そして一人一人の手でこれ以上戦争やテロのない世界にしていくことが彼への一番の供養になるのではないでしょうか?それが香田さんが一番望んでいたことだから。言いたいことがたくさんありすぎて読みにくい文章になってしまいましたが、最後に、香田さん、どうか安らかに・・そしてご遺族の皆様の心の傷が一日も早く癒えますようにお祈りしています・・・

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2007年の今頃
13-07-04 クラスメイト 香田君へ ( 福岡県 / 宗像市 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme