2004年10月31日(日) |1112957 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[168] 助けに行きたかった。(千葉/大学院生)2005-09-08 17:19:08

香田君のミス・自業自得だとしても、
無謀だとしても、
無理だとしても、

救出に向かいたいと思うのが普通の精神じゃないだろうか。

少なくとも現地の自衛隊員はそう思っていたと信じたい。給水活動そっちのけで 救出作戦を強行したいと思っていたと信じたい。


アメリカもイスラムも関係ない。
自衛隊イラク派遣問題もどうでもいい。
平和とか憲法とかもどうでもいい。

ただ助けたかった。
旭日旗を胸につけ、「助けに来たぜ!」といいたかった。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2013年の今頃
13-07-04 クラスメイト 香田君へ ( 福岡県 / 宗像市 )
2006年の今頃
06-08-01  ( 神奈川 )
06-07-31 あの事件から・・・ ( 群馬県 / 25歳・女性 )
06-07-27 ご両親からNo 181を書いた方へのメッセージ ( サイト管理者 )
06-07-24 香田さんへ・・・自分がいまできること ( 徳島県 / 14歳 中2 男性 )
06-07-19 戦争なんか無意味な事 ( 神奈川県・ / フリーター )
2005年の今頃
05-07-10 香田 証生くんへ ( 兵庫県 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme