2004年10月31日(日) |1126773 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[343] 今日は泣きすぎで少し頭が痛い(日本 近畿/高一)2009-10-31 23:26:35

今日はたくさん泣いたよ。たくさん文句言ってたくさんたくさん泣きました。そしてたくさん…自分が嫌になったよ。あまりにも自分が醜いから。今日の涙を集めたらきっとコップ一杯分はあるね!
父に対して酷く、汚いことを思ったよ。
香田さんの御両親がね…現実をしっかり受け止めてることを知って、安心しました。とても。嬉しい。
あたしは香田君の分まで生きなきゃいけないんだ。他人、身内、とか関係なしにね。仲間だもんね。同じ名字がk同士…というのは冗談!同じ人間だもの!同じ世界で生きてるものね。
今日ね、ふしぎなことがあった。泣いてたら…大号泣してた。普段、夜は虫が入るから窓は開けないんだ。だけど、何故か外の空気を吸いたくて開けてふっと空を見たら、真ん丸の満月が見えた。普段、あおぞらはよく撮るけど、満月は撮らないんだ。あまり綺麗に映らないから…。
だけど何故か撮ろうという気になって携帯をかざしたら。満月の近くに…白っぽい小さな丸い光が移りこんでるんだ。月から離すと消えちゃうのに…。あの光は何だったんだろー?って母の前ではとぼけてUFOちゃう?とか言ってたけれど…失意にのまれて激しく落ち込んで死にたがった私に元気をくれました。またいつものように…なりました。とても元気になった!励まされた。肉眼では月しか見えないのに、携帯をかざすとまた、かわいらしい光が現れてくれる。
あの光が何なのか…。
香田君だよね。香田君は困った人を見てるとほって置けなかった−。だれにでも優しかった−。
あんなに父にたいする、汚く醜い思いを胸に抱いて号泣してた私を励まそうと。こんな私に元気をくれた。あの光が香田君だったと信じる。優しいね…。私、生きる。やっぱり香田君の分まで。親を恨まないようにする。父のことは許せないけれど。香田君を忘れないよ。ありがとうね!あの後も泣いちゃったし酷い考えが心を巡ったけど。だけど大丈夫。きっと。
桃花より
優しい証生君へ

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2010年の今頃
10-09-17 証生くん、安らかに眠れてるだろうか? ( 東京都 )
10-09-09 この時期になると… ( 近畿 / 二年。 )
2009年の今頃
09-09-30 香田君。 ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-30 ごめんね ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-30 こんにちは ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-29 香田君 ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-29 こんばんは。 ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-29 生きているうちに ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-29 おはようございます。 ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-28 こんばんは ( 日本 近畿 / 高一 女 )
09-09-28 悲しい ( 日本 近畿 / 高一 女 )
09-09-28 おはようございます。 ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-27 決して風化させない ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-27 こんばんは。 ( 日本 / 高一 花 )
09-09-27 ごめんなさい。 ( 日本 近畿 / 高一 女 )
09-09-27 こんにちは ( 日本 )
09-09-27 お休みなさい ( 日本 / 近畿 高一 )
09-09-27 証生さん、こんばんは。 ( 日本 / 女 高一 )
2007年の今頃
07-09-28 証生くん。 ( 青森県 )
07-09-19 本多香織さんの意見陳述書 ( 管理者より )
2006年の今頃
06-09-12 〜 9.11 〜 ( 大阪府 / JAPAN )
2005年の今頃
05-09-30 香田さんへ ( 日本 / 22歳 社会人1年生 )
05-09-11 香田さんへ ( 日本 )
05-09-08 助けに行きたかった。 ( 千葉 / 大学院生 )
05-09-07 証生君へ ( 宮崎県 / 都城市 家庭教師 )
05-09-04 証生くん今どうしてるの? ( 福岡県 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme