2004年10月31日(日) |1177662 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[142] 証生さんのお母様(和歌山県/専業主婦)2005-02-18 21:10:37

証生さんが天に召されてから、3ヶ月以上経ちますが、1日1回は何らかの形で、思い出しています。今後とも、忘れることはないと思います。ご家族の心の痛み、私たちには計り知れないものがあると思います。 私にも年頃の男の子がいますが、この世からいなくなってしまうなんて、考えられないことです。きっと、立ち直れないと思います。今回は、心のよりどころとなる信仰があるということが、どんなに大切で心の支えとなるのか・・・ということも教えてもらったような気がします。「子供は 親の知らない所で成長して神様に一番近い所まで登りつめて行った様です。」とおっしゃることの出来る証生さんのお母様、私たちも少しでもご家族の心の支えになれればと、思ってやみません。私には、こういうメッセージをここに書き込ませてもらうことくらいしか出来ませんが、子を持つ親として、少しでも心の痛みを分かち合えればと思います。また、こういう場があることに、感謝したいです。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2008年の今頃
09-04-09 証生さんへ ( 福岡県 )
2007年の今頃
08-04-09 証生くんのお母さん… ( 埼玉県 )
2005年の今頃
06-04-15 聖週間 ( 東京都 / 千代田区、会社員 )
06-04-12 イラク入りした証生さんの意思 ( サイト管理者 )
06-04-05 実行犯逮捕の報道について(追記) ( 栃木 )
2004年の今頃
05-03-30 残された人達の気持ちは? ( 神奈川県 )
05-03-29 香田証生くんへ ( 青森県 )
05-03-25 香田くん、安らかに眠るな! ( 東京 )
05-03-23 証生さんの為にできることってなんなのでしょう? ( 神奈川 )
05-03-23 香田さんを改めて思い出しました。 ( 福岡県 / 福岡市 )
05-03-20 NO、134の北海道の無知さんへ ( 福岡県 )
05-03-19 ずっと言いたかった言葉 ( 群馬県 / 二十歳 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme