2004年10月31日(日) |1058504 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[181] この時代の犠牲と、自分の平和ぼけ(静岡/主婦)2005-10-31 19:20:45

何回も書きこみしようかと、思いましたが、10月31日にどうしても、書きこみしたかったんです。 みんな冷たいですね、みんな覚えてないんですか?yahooのかきこみにさえ、少ししかありません・・・ こんなもの? あの事件によって得たものって何? みんなは政治とか株、芸能人の情報とかに夢中、そのな事ばかり?去年この事件見たときは驚きました。毎日、このことばかり頭よぎり 誤報があるたび冷や冷や、無事帰ってきて欲しいのはもちろん、もしも駄目なら、せめて銃殺になればとさえ、思いました。すいませんね、こんな書きこみして、毎日掲示板には、お祈りするように、書きこみはしていましたが、ついに、惨殺のシーンがネットで流れだし、私も汚い人間なんですね、その画像を拾ってしまい、自分は勇気がなかったので見ませんでしたが、子供と旦那はみました。でも、今の人間ってなんでもないんです、多分、自分には振りかかってほしくない事は無視なんですよね・・・ うちは小学生の子供が二人いますが、今日も さっき香田君今日なくなったんだよ、っていったら へぇーっそうなの?でした。私はがっかりしました。少しでも、こういう風にいつ自分がなってもおかしくない世の中なのに、わかっていません・・・ 今の世の中って変です。少し昔の事って皆忘れています、そうでいいんでしようか? 今平和ボケしていますよね・・・・ 自己中な人間多すぎ、自分だけなんですよ・・・ 香田君はこの時代の犠牲者、利益産むために戦争が始まり、その中で殺された・・・ よく、行った本人が悪いといいますが、 自己責任といって批判する人がいますが、この日本だって、今いつ何があって殺されるかわかりません。 私は未だに、あの映像はみれません。 だって、今でも信じたくないんです。 香田君は世界のとごかで旅行しているのだと 思っています。 本当に勝手な書きこみしてすいません。 ご家族の方、いまでも 多分気持ちの整理はできていないと思います。 こんな私ですが、また、書きこみさせて 頂きます。 香田君、いっぱい旅行してね、そしていつか、自分のご両親のもとへ 帰ってね・・・

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2007年の今頃
13-07-04 クラスメイト 香田君へ ( 福岡県 / 宗像市 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme