2004年10月31日(日) |1059135 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[25] 悔しい。(東京)2004-11-07 22:20:25

うまく言葉にできるかわかりません。
本当に本当に悔しい。悲しい。
ここまで悔しい想い今までを味わった事はありません。
様々な憶測が飛び交っていますが、もう彼はいません。そして立ち向かう問題が途方もなく大きすぎて、これからどうしたらいいのか、まったくわかりません。気を緩めると涙がたくさん流れます。
ここに著名されてる方のメッセージ読んで、たくさん泣きました。周囲とメディアの冷たい対応にも私は打ちのめされています。だから、ここに書かれてるメッセージを読んで泣きました。
イラクの本当の姿、私も知りたい。香田さんと一緒です。
何を言われてもかまわない。私は本当に彼に生きて帰ってきて欲しかった。最優先すべきものは何かと、誰も問わなかったじゃないですか。
政府だけじゃない、国民の無関心も、冷酷さも、そして彼を殺害した組織の存在も、悲しい。
悲しんでても仕方ないのに涙ばかり流れます。怒りでも何も解決しないと思っています。じゃあどうすれば?どうすれば香田さんは救われるのでしょうか?イラクだけじゃない、どこもかしこも争いばかりです。政治というフィルターを通して戦争を語るほど、私は知識の無い人間です。だからこそ嫌なのです、割り切れないのです。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme