2004年10月31日(日) |1059178 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[375] 人間忘れる生き物。でも。(日本 近畿/高一)2010-01-26 00:13:53

このサイトに書き込みした人達の中で、一体、何人の方が証生さんを覚えていて、何人の方が証生さんを忘れたのか検討がつきませんが、少なくとも、私は、命日には思い出そうとします。
2010年10月下旬で事件から6年を迎えようとします。六年前までは香田君は地球の住民だったのです。私は香田さんを忘れたくナイと思ってます。でも、香田さんを毎日胸に刻むということ、それは香田君にたいするバッシング、非難、国民の冷たい対応も同時に思い出されてしまうのです。
初めて知った時はとってもショックで気分が悪かったです、今でもショックです。
みんなそれぞれ価値観が違います。
だから、「正しさ」は一つではなく、人の数だけある。
だから非難バッシングがあっても仕方ないのかも知れません。
2014年で事件から10年、1024年で事件から20年…。きっと思い出すでしょう。
心優しい青年の勇気ある行動、そして香田君を。
ジャンヌ=ダルクのように、当時非難されても100年たてばみんなの憧れになるだろうナ、と考える。

私が20になっても30になってもこのサイトが残っていたら嬉しいです。

香田君の死を玩具にした連中は、多分忘れているでしょうから、証生君、安心してネ。

世界中でいろんな人が犠牲になってることも知りました。


ポーランドのアウシュヴィッツもそうだし、殺人、はいかなる理由でも許されはしない。

殺人は最低だ。

さよなら…。

またいつか来ます…。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme