2004年10月31日(日) |1068168 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[392] イラクの子供たちのために(東京都)2010-12-13 10:29:58

このサイトの趣旨から外れるかもしれませんが。

この間、車の中で永六輔さんの番組を聴いていたら 医師の鎌田實さんが出演されていて イラクの劣化ウラン弾で白血病になった子供たちのために チョコレート募金の話をされていました。

早速私も募金をしました。 イラクの子供たちが書いた絵をプリントした 缶に入ったチョコレートが送られてきました。 バレンタインデーの義理チョコにぴったりと 宣伝されていましたがいいかもしれません。

私たちの国にも責任がある劣化ウラン弾で 病に冒されたイラクの子供たちがいることを 義理チョコでそれとなく伝える。

証生くんの遺志にも通ずるところがあるでは と思いました。

「日本イラク医療支援ネットワーク」で検索すると 詳しいことが分かります。

それにしても「武器輸出三原則の緩和」なんて どこからそんな発想が出てくるのでしょうか。

ベトナムの隣国ラオスでは 40年前にベトナム爆撃で落とし残した クラスター爆弾が捨てられて (基地に戻る燃料節約のために!)、 いまだにその不発弾で罪のない子供たちが 亡くなっています。

正に沖縄から飛び立ったB52爆撃機で これも私たちの国が荷担した戦争です。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme