2004年10月31日(日) |1053622 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[52] お帰りなさい。(北海道/主婦)2004-11-22 11:20:56

今でも胸が痛いです。人生これからという若者の命が簡単に奪われてしまった事件、そして日本国民の冷たさ。幸田さん、あなたは、自分探しの旅にでられたのですよね。私のような凡人には思いもつかない決意、たくさんの物を目に焼き付けてきたのでしょうね。私は、仕事もせずぶらぶらしてる人、コンビニの前に座り込んでる若者、流行の物を身にまとっている人・・・こんな若者達よりあなたはとても人間ができていると思います。最後の、「ごめんなさい、また日本に帰りたいです・・・」という言葉、心にしみています。そして、拘束されえから命を奪われてしまう瞬間までの恐怖・絶望感、どんなに怖い思いをしたのでしょう。幸田さん、おかえりなさい。眠ったままの帰国となってしまいましたが、どうかご家族のもとで安らかにお眠り下さい。そして、幸田さんのご家族、ご親戚の方々にお悔やみ申\し上げます。平和な世界が1日も早くおとずれますように・・・。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme