2004年10月31日(日) |1059319 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[70] 日本人の十\字架(群馬県)2004-11-28 01:18:03

先日、私は自動車の人身事故に出くわしてしまった。なぜこんなに渋滞しているのだろうと思っていたらバイクに乗っていた人が意識を失い倒れていた。私は救急隊員の活動を横目で見やりながら通過した。本当に感覚が麻痺しているのか、私には窓越しに見た一こまがテレビのドキュメンタリー番組とダブって見えたことに愕然とした。何と臨場感がないのかと・・・。恐らく私たちは恐れを自分と関係のないものとして捉えることで、生きていける弱い存在なのかも知れません。昔から村八分と言う制度もありました。出来れば狂気だで片付けたいという自己防衛手段なのかもしれません。だから、香田さんにも激しいバッシングが生じてしまったのだと思います。ただ言えることは、香田さんは日本人の代表\として殺害されてしまったのだという純然たる事実です。香田さんである必要性は乏しかったのです。動機は今となってはわかりませんが・・・私も彼の謝罪の言葉が心から離れません。もっともっと日本は微妙な立場におかれることでしょう。香田さんが亡くなられた意味は決して無くなることはないと思います。衷心よりお悔やみを申\し上げたいと思います。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme