2004年10月31日(日) |1322946 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[373] 証生君と会いたかった。たくさんお話したかった。(神奈川県相模原市/戯曲家・舞台演出)2010-01-05 09:29:56

証生君、こんにちは!私は月足都望と言います。
証生君、もしもあなたが生きて帰ってきたならば、会って色んなことをお話したかった。
あなたがイラクで見たかったもの、見たもの、あなたの思い、あなたの哀しみ…。
あなたは生きて帰ってくるべきだった。
たった一人の青年を救えない国がいったい誰を救えるのか。
あなたのために何も出来なかった自分が情けなく悔しく悲しみで今も涙が止まりません。
あなたのご両親、お友達…あなたを愛した方々の悲しさ、お苦しみはいかばかりだったでしょう!
私はいつまでもあなたのことを忘れません。
また、来ますね。
空の上できっと優しく微笑んでいる証生君へ…。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2018年の今頃
20-04-09 あなたを思い出すタイミング ( 東京都 / 24歳 女 )
2008年の今頃
10-05-01 俺は忘れない! ( 栃木 / 会社役員「 )
2007年の今頃
09-04-09 証生さんへ ( 福岡県 )
2006年の今頃
08-04-09 証生くんのお母さん… ( 埼玉県 )
2004年の今頃
06-05-05 深い問いかけの意味 ( 神奈川県 )
06-04-15 聖週間 ( 東京都 / 千代田区、会社員 )
06-04-12 イラク入りした証生さんの意思 ( サイト管理者 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme