2004年10月31日(日) |1077264 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[99] 悲しみを胸に刻んで(東京都/28歳女性M)2004-12-18 15:49:38

 こちらにメッセージを書かれた皆様、いかがお過ごしでしょうか。風邪などひいていないでしょうか。
 私も香田証生さんの事件で心を引き裂かれる思いをした一人です。こんなに酷く悲しい出来事を、どう受け止めてよいか非常に苦しみました。街を歩けば、こんなにひどい事がまるでなかったかのように、いつもと変わりない風景がそこにはあり違和感さえ感じます。自衛隊が撤退していたら証正さんは生きていた、悔しさと悲しさでいっぱいになります。 そもそもこの戦争がなければ、どれだけの尊い命が奪われずにすんだのでしょうか。平和ボケの日本、「平和」この言葉が日本に突き刺さる日も、そう遠くない気がいたします。 イラクに、争いを続ける国々に、悲しみの銃声ではなく 人々の笑い声が響くように、一個人に何が出来るか毎日考えております。一刻もはやくイラクに平和が訪れ、ご家族のもとへ帰る証正さんの魂に私も遠くから「おかえりなさい」と言いたいです。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme