2004年10月31日(日) |1323821 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[257] 何もしてあげられない自分自身が辛いんです。(宮城仙台)2009-01-10 17:00:46

毎日ではなく、数ヶ月に1度貴方の事を思い出しなぜだか一生懸命に救い出す方法を考えあぐね、関係者に腹が立ちまた、ひどく蔑み本音をのぞき見ては何もかもが嫌になる、、、。そんな事を繰り返しています。貴方のあの控えめな生きたいというメッセージに心をつかまれてどうしょうもないです。なぜあんな風でいられたの?私だったら酷く動揺し自分自身が助かる為の欺瞞なギラギラした目でどうにかこの状況を脱しようとしたでしょう。なのに、、、。貴方の事は一生忘れない。忘れられない。ごめんなさい。何もしてあげられなくて。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2018年の今頃
20-04-09 あなたを思い出すタイミング ( 東京都 / 24歳 女 )
2008年の今頃
10-05-01 俺は忘れない! ( 栃木 / 会社役員「 )
2007年の今頃
09-04-09 証生さんへ ( 福岡県 )
2006年の今頃
08-04-09 証生くんのお母さん… ( 埼玉県 )
2004年の今頃
06-05-05 深い問いかけの意味 ( 神奈川県 )
06-04-15 聖週間 ( 東京都 / 千代田区、会社員 )
06-04-12 イラク入りした証生さんの意思 ( サイト管理者 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme