2004年10月31日(日) |1058531 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[137] 忘れてはいけない。(愛知/浪人生)2005-02-04 03:21:35

-------------11月。 香田さんが拉致され、テレビニュースで声明文を読まされている映像が流れてから、私は夜も気になってしまい、1日中ほとんど寝ずに、ずっとテレビやニュースを見続けていました。タイムリミットが近づくにつれ、とても緊張していったのを覚えています。私があれだけ緊張したのですから、彼の緊張は計り知れません。 早く自衛隊だ撤退していたら・・・きっと彼は夢を実現していたことでしょう。小泉首相は最善は尽くしたとおっしゃっていました。あれのどこが!?私は、あんな一点張りの総理をあれほど憎いと思ったことはありません。冷たすぎる。 遺体発見のニュースが流れた時は、本当にショックでした。同じ日本人が、あんな惨いことになるなんて思ってもいませんでした。数日間、ずっと心配し続けていた私は彼のことを他人とは思えず、涙があふれました。きっと香田さんのことは一生忘れません。忘れてはいけないと思うのです。 彼のぶんまで、しっかり生きてゆきたいと心から思っています。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2007年の今頃
13-07-04 クラスメイト 香田君へ ( 福岡県 / 宗像市 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme