2004年10月31日(日) |1114294 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[9] 香田さんの死を悼み、深い悲しみと怒りを感じます(神奈川県/鎌倉市/雑誌編集者)2004-11-02 22:59:09

今井さん、高遠さんたちの人質事件以来、私たちはあのバッシングの後遺症(後遺症というよりも、より深く進行していく致命的な病)に苦しめられています。 人ひとりの命を救え、という根源的な叫びを発することがこの国では許されない状況にあります。もしそれを行なえば、すぐさま「テロリスト」扱いされかねません。もはや何も期待はしないとはいえ、香田さんの事件に対する大メディアの恐ろしい冷淡さは、小泉の事件後第一声による「見殺し」と相通じています。 しかし一人一人の人間がその圧力に「屈して」発言をやめたとき、その死の病は決定的なものとなってしまうでしょう。優しい青年だったという香田さんの死を思い、どんなに微力でも、発言をやめることだけはするまいと考えています。(畠野之裕)

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2006年の今頃
06-08-01  ( 神奈川 )
06-07-31 あの事件から・・・ ( 群馬県 / 25歳・女性 )
06-07-27 ご両親からNo 181を書いた方へのメッセージ ( サイト管理者 )
06-07-24 香田さんへ・・・自分がいまできること ( 徳島県 / 14歳 中2 男性 )
06-07-19 戦争なんか無意味な事 ( 神奈川県・ / フリーター )
2005年の今頃
05-07-10 香田 証生くんへ ( 兵庫県 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme