2004年10月31日(日) |1322939 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[19] 生きてに日本に帰って欲しかった・・・(アメリカ/学生)2004-11-05 06:52:27

香田さんの死、とても悲しく毎日涙を流しています。彼には、他の人が理解できない今しか出来ない夢があったのではないでしょうか。 日本政府の対応には、腹が立つと同時に自分の無力さを感じました。 香田さん、お帰りなさい。あなたがどんな恐怖におびえ、そしてどんなに生きて帰り家族にまた会いたかったか、考えると胸が詰まります。あなたの最後の姿、きちんと見届けました。私はあなたの分も頑張って生きていきます。そして、この世の中が平和になるよう勤めます。アメリカのブッシュ政権、そして小泉内閣の犠牲になってしまい、本当にごめんなさい。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2018年の今頃
20-04-09 あなたを思い出すタイミング ( 東京都 / 24歳 女 )
2008年の今頃
10-05-01 俺は忘れない! ( 栃木 / 会社役員「 )
2007年の今頃
09-04-09 証生さんへ ( 福岡県 )
2006年の今頃
08-04-09 証生くんのお母さん… ( 埼玉県 )
2004年の今頃
06-05-05 深い問いかけの意味 ( 神奈川県 )
06-04-15 聖週間 ( 東京都 / 千代田区、会社員 )
06-04-12 イラク入りした証生さんの意思 ( サイト管理者 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme