2004年10月31日(日) |1323762 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[270] 生きているうちに(日本 近畿/高一)2009-09-29 17:21:10

香田君のように心の底から純粋で優しい人はいないと思う。 香田君が生きてるうちに話をしたかったです。 一度亡くなった人は帰ってこないんだ…。 証生君。 会いたいです。 だから私がおばあちゃんになってそっちに行ったら話しましょう。 だから精一杯生きます。 勉強ろくにできないけれどね…。 だけど自分の力で生きていきます。 何かの本に『世の中は不公平が当たり前』とありました。 悲しいけれどホントにその通りだなあって思いました。 何かを変えたかったんだよね。 私も変えたい。 なんだか平和な国と危険な国の差が激しくて…やだなぁ。 花より もう少しで文化祭です。 文化祭の曲が終わったら、証生君の曲が作れるよ。 元気でね。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2018年の今頃
20-04-09 あなたを思い出すタイミング ( 東京都 / 24歳 女 )
2008年の今頃
10-05-01 俺は忘れない! ( 栃木 / 会社役員「 )
2007年の今頃
09-04-09 証生さんへ ( 福岡県 )
2006年の今頃
08-04-09 証生くんのお母さん… ( 埼玉県 )
2004年の今頃
06-05-05 深い問いかけの意味 ( 神奈川県 )
06-04-15 聖週間 ( 東京都 / 千代田区、会社員 )
06-04-12 イラク入りした証生さんの意思 ( サイト管理者 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme