2004年10月31日(日) |1323738 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[317] マイクロフィルム(日本 近畿/高一)2009-10-21 23:34:04

先日、図書館に行って、2004年10月のマイクロフィルムを見ました。見ても状況は何一つ変わらない。証生さんらしき遺体が見つかった−。だけどそれは違う人だった−。わずかな望み、生きてるかもしれない、証生は生きてる−。……新聞記事を見て、私も2004年にタイムスリップしたようだった。もしかしたら証生君生きてるんちゃうん?という感覚に陥りました。だけどしばらくして2009年に引き戻されました。現実を直視したくないです。何とか助かって欲しかった。いくら思っても無駄だけど…。自分にできることがわからないんです。毎日メッセージ残すくらい…。辛いです。なんとか五年前に戻れないかな−。なんて考えても無駄…。ごめんね証生君。あたしは証生君の分まで生きるよ。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2018年の今頃
20-04-09 あなたを思い出すタイミング ( 東京都 / 24歳 女 )
2008年の今頃
10-05-01 俺は忘れない! ( 栃木 / 会社役員「 )
2007年の今頃
09-04-09 証生さんへ ( 福岡県 )
2006年の今頃
08-04-09 証生くんのお母さん… ( 埼玉県 )
2004年の今頃
06-05-05 深い問いかけの意味 ( 神奈川県 )
06-04-15 聖週間 ( 東京都 / 千代田区、会社員 )
06-04-12 イラク入りした証生さんの意思 ( サイト管理者 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme