2004年10月31日(日) |1113920 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[113] 海外から見た日本・そして香田さんの死(上海/会社経営)2005-01-02 18:59:56

残念なことに、香田さんの死以降、様々な不憫な事件が多発。日本国内地震・台風・そしてスマトラ地震による大津波。私の知っている中国人の女の子も、タイに行ったきりで、まだ安否が分かりません。命に対し、考えさせられた正月です。 海外から見た日本は、本当に心が病んでいる社会と思われます。自国の人が捕虜で捕らえられた際、あらゆる個人が登録できるメディアで掲示された言葉の多くは、批判めいた事や心の無いものばかりでした。海外から見た日本人は本当に悪鬼じみた姿でした。特に中国では、その辺がすごく敏感で、日本人が同じ日本人に対しバッシングしている姿を見て、やはり残酷な人種であると評価している。そして、情報サイクルがあまりにも早いので、今ここで書き込みしている方々以外で、香田さんの死をいまだに染みている方はどれだけいる事でしょうか?まだ2ヶ月ほどしか経っていないのですが、もう遠い昔の事のように感じているのでは無いでしょうか?かつての日本の精神はどこに行ったのでしょうか?そして、パフォーマンスだけで自愛精神の強い政治家の皆さんは、教訓にしているのでしょうか?いいかげんアメリカ離れしたらどうでしょうか?イラクに軍隊を派遣しなければならないという日本人はどれだけいるのでしょうか?間接投票・官僚型政治の限界かもしれません。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2006年の今頃
06-08-01  ( 神奈川 )
06-07-31 あの事件から・・・ ( 群馬県 / 25歳・女性 )
06-07-27 ご両親からNo 181を書いた方へのメッセージ ( サイト管理者 )
06-07-24 香田さんへ・・・自分がいまできること ( 徳島県 / 14歳 中2 男性 )
06-07-19 戦争なんか無意味な事 ( 神奈川県・ / フリーター )
2005年の今頃
05-07-10 香田 証生くんへ ( 兵庫県 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme