2004年10月31日(日) |1114753 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[67] 国内の反応の多く(東京都)2004-11-26 20:19:15

平和を手に入れて、物質的に豊かになることのみを目指してきた結末がこれ。「本当に香田さんが本心で何を考え、どういう必死さで危険な土地に入ったのか、想像さえしないのか?」と、正直、世の中が狂っていると思った。 こんな情報社会で、「未経験の単身であんな危険な地に、安易な気持ちで入っていく人がいる」という説を、容易に肯定できるほど、日本では異常な事件が次々に起こっていて、その事実を自然と容認できる世の中ができあがりつつあるのでは。 一番支持される正しさは、武器をもって自己防衛することなのか?騙されたり殺されたりされる方が悪いのか?精神的な豊かさ、物質的な豊かさを、日本は全て失いかけているのではないかと思うと、薄ら寒い。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2006年の今頃
06-08-01  ( 神奈川 )
06-07-31 あの事件から・・・ ( 群馬県 / 25歳・女性 )
06-07-27 ご両親からNo 181を書いた方へのメッセージ ( サイト管理者 )
06-07-24 香田さんへ・・・自分がいまできること ( 徳島県 / 14歳 中2 男性 )
06-07-19 戦争なんか無意味な事 ( 神奈川県・ / フリーター )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme