2004年10月31日(日) |1209938 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[121] モヤモヤしているもの(名古屋市/福祉関係職)2005-01-10 01:21:21

 証生さんがある意味、見殺しにされてから月日が流れてしまいましたね。僕の中ではまだ、彼の「すみません、日本に帰りたいです」という言葉が頭にそして心に突き刺さっている。彼の半ばあきらめたような姿がまだ目に浮かぶ。そして自分の無力さに腹立たしいおもいがする。そしてある意味、彼がうらやましい。彼の行動力に、彼と話がしてみたかった。一緒に仕事がしてみたかった。 彼は神が欲しい人材だったのだろう、だから早々と天国に召されてしまった。そう思わなければやりきれないほど悲しい。本当に心が痛む。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2017年の今頃
18-06-28 今夜は満月です ( 東京都 / 23歳 女 )
18-06-26 勇敢な人 ( 東京都 / 23歳 女 )
2014年の今頃
15-06-23 思い出しました。 ( 神奈川 )
2012年の今頃
13-07-04 クラスメイト 香田君へ ( 福岡県 / 宗像市 )
13-06-23 ご無沙汰しています ( 埼玉県 / 女性 )
2008年の今頃
09-07-01 鳶と飛ぶ少女から ( 京都 / 自由業 )
2007年の今頃
08-07-01 自己責任とは何か ( 神奈川 / 大学生 )
2005年の今頃
06-07-19 戦争なんか無意味な事 ( 神奈川県・ / フリーター )
2004年の今頃
05-07-10 香田 証生くんへ ( 兵庫県 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme