2004年10月31日(日) |1325884 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[217] 2年が経ちました。(神奈川/主婦)2006-11-17 23:51:08

2004年。私は二人目の子供を出産し、命の尊さ、そして我が子の愛おしさと 母としての喜びを実感しているときでした。

 証生さんの拘束を伝えるニュースを拝見し、『外国人だから』という理由だけで人質にされ、
いわれのない暴力をうける・・・
そんな日本の若者に、ただただ無事で帰国されることを
祈るばかりの日々でした。

 どれほどの恐怖と絶望を味わったか。。。
証生さんのお気持ちを考えるのは辛すぎますが、
同時に証生さんのご家族のご心痛を考えると、とてもいたたまれず、
我が子の身を案じる母の気持ちは痛いほどわかる。。。
とても他人事ではありませんでした。

   一日も早く、『無事に身柄確保』というニュースが流れることを
待っていたのに。
残念です。


  あれから2年。
日本はますます寂しい国になってしまいました。
犠牲になった証生さんもきっと、お嘆きのことでしょう。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2018年の今頃
20-04-09 あなたを思い出すタイミング ( 東京都 / 24歳 女 )
2008年の今頃
10-05-08 香田証生さんへ ( 宮城県 )
10-05-01 俺は忘れない! ( 栃木 / 会社役員「 )
2004年の今頃
06-05-05 深い問いかけの意味 ( 神奈川県 )
06-04-15 聖週間 ( 東京都 / 千代田区、会社員 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme