2004年10月31日(日) |1677615 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[255] 証生さん(東京都/26歳、女性)2008-12-05 12:33:28

秋から冬にかけてのこの時期… 今年も、あなたの事を思い出していました。 最近はインドで大きなテロがあり、宗教や平和について改めて考えさせられました。どんな理由であれ、人が人を殺めることを正当化できるとは思えません。宗教は本来、“人に平和を与えるもの”で、平和は“ただ何もしないこと”では無いのだと、つくづく感じます。 私は平和のために何ができるでしょうか。あなたの死から、いつも自分に問いかけています。「正しい」行動なんて、ないように感じます。「正しい」と何かを掲げることが、時々恐ろしいことでもあるような気がします。証生さん、どうか私たちを見守っていてください。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2007年の今頃
12-06-15 人に忘れられたとき、はじめて人は死ぬ。 ( 長野 / 24歳バックパッカー )
2006年の今頃
11-06-05  ( 東京 / 信也 )
11-06-03 証生さんとチェ・ゲバラ ( 東京 / 信也 )
11-06-03 証生さんと吉田松陰 ( 東京 / 信也 )
11-05-22 時々思い出してしまいます ( 京都府 / 学生 女 )
2003年の今頃
08-06-06 天国の香田証生さんへ ( 宮城県 )
08-05-26 こんなに遅くにここにたどり着きました。 ( 東京都小金井市 / 働く母 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme