2004年10月31日(日) |1300878 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[288] 何で(日本 近畿/高一)2009-10-12 23:53:07

何であんな酷いこと書けるんだろうね。

詳しくは書かないけれど…。
日本人は残酷な人種だと思った。所詮、お金が絡むと本性が汚い本性が丸見えになることを知ったよ。
もし私がとっても資産持ってたらいくらでもお金をだすよ、きっと。5億かかっても。生活が苦しくなっても。助けたかった。香田さんだから。
人の命、一生がかかってるんだからね…。

税金はそういう、人の命がかかってる時に使うべきなんじゃないの?
なのにみんな一円も出してられるかよ、って感じだし、何でお金のことばっかやねんって思う。冷酷だ。自分勝手とかいう度量じゃない。
日本に生きて帰ってきて欲しかったよ。香田さんが「自分探し」で行ったなんて、そんなの出鱈目だってわかってる。世間が、おもしろがらせるために事実を曲げて伝えてるんだ。

だけど私は香田さんにも少し厳しいことを言います。
イラクの子達を助けたい…その気持ちはとても分かります。だけど香田さん一人が動いても状況は対して変わらないと思う。人間一人の力じゃどうにもならないんだ。世界が広すぎて。めちゃくちゃ悲しいけど人間一人じゃイラクの子達を全員助けることは無理だし、現状を伝えても冷たい日本人が動くことはないと思うんだ。
ごめんね。

もっと自分を大切にして欲しかった。もっと生きて欲しかった。
ごめんね。生意気なことを並べてしまって。
私もイラクとか他の国も平和になったらいいと思う。まず、生きること、に必死なんだなぁイラクの人達は…。
イラクの子達が笑顔になれる日がきてほしい。多分偽善に聞こえてしまうかも知れないけれど偽善なんかじゃないよ。あったかいココアを飲んでほしい。街を楽しく歩いてほしい。ビクビクすることもなく。冷たい麦茶を飲んでほしい。お洒落してほしいし、楽しく笑ってほしい。

ごめんなさい。私は香田さんと15年近く歳が離れてるし、証生さんよりもずっとずっと子供です。子供な私を許してね。毎日呑気に歌ばっか歌って、朝は苛々して学校嫌や…ってゆう私を許してね。
この頃涼しくなってきて私だけ半袖!って感じです(笑)そろそろ上着着なきゃね!明日からテストだよ。ろくに課題もやってないです。証生君元気にしてる?証生君はきっとバイトをめちゃくちゃ頑張ってたんだろうな。
長くなってごめんね。お休みなさい。

花より。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2018年の今頃
20-03-12 香田さんが私を見守ってくれる ( 栃木県 )
20-03-11 もうすぐ春ですね。 ( 栃木県 )
2016年の今頃
18-03-06 香田君のことを何度でも思う ( 東京都 / 西東京市 会社員 男 )
2008年の今頃
10-03-08 証生さんへ ( NZ )
2004年の今頃
06-03-16 酷すぎるアラブ・メディアの香田さん報道!! ( 日本 )
06-03-11 証生さんの死を無駄にしない ( 山口県 / 岩国市 主婦 )
06-03-05 逮捕されたのに事件は終わらない・・・・・ ( 札幌市/ / granny martha )
06-03-03 今回の実行犯逮捕の報道について ( 栃木 )
06-03-03 小泉さん。どうか、証生さんに哀悼の意を。 ( 兵庫県 / 教員 )
2003年の今頃
05-03-25 香田くん、安らかに眠るな! ( 東京 )
05-03-23 証生さんの為にできることってなんなのでしょう? ( 神奈川 )
05-03-23 香田さんを改めて思い出しました。 ( 福岡県 / 福岡市 )
05-03-20 NO、134の北海道の無知さんへ ( 福岡県 )
05-03-19 ずっと言いたかった言葉 ( 群馬県 / 二十歳 )
05-03-13 今回の事件をこのまま風化させてよいのでしょうか? ( 東京都 / 会社員 31歳 )
05-03-09  ( 宮城県 / 23歳 学生 )
05-03-01 証生さん。 ( 千葉県 / 21歳 )
05-02-27 香田証生さん、安らかに。 ( 福岡県 )
05-02-27  ( 東京都 / 28歳女性M )
05-02-26 証生さんに学んだこと ( 神奈川県 / 中学3年 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme