2004年10月31日(日) |1677697 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[32] 命って・・(埼玉/主婦)2004-11-17 14:12:53

香田さんのことはショックで眠れない日もありました。
ご本人はもちろん家族、友人などの気持ちを考えるといたたまれません。
それだけでも胸が痛むのに、マスコミやインターネット、そして私の両親や夫までが、香田さんやご両親を批判する意見で悲しい思いをしていましたが
こちらには心強い意見が多数あり自分の考え方は少数でおかしいのかと思ったこともありましたが、そうではないと確信しました。
ご両親が『魂はイラクが平和になるまでは戻ってこない。』とおっしゃってたことを受けて
私と同じ気持ちの妹は『魂は恐怖から解放されて世界中を飛び回っていればいいね』と言ってました。
香田さんとご家族の気持ちが少しでも軽くなることを祈っています。
彼が命と引き換えに残してくれたものを無駄にしないよう私ができることを模索していきたいと思っています。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2007年の今頃
12-06-15 人に忘れられたとき、はじめて人は死ぬ。 ( 長野 / 24歳バックパッカー )
2006年の今頃
11-06-05  ( 東京 / 信也 )
11-06-03 証生さんとチェ・ゲバラ ( 東京 / 信也 )
11-06-03 証生さんと吉田松陰 ( 東京 / 信也 )
11-05-22 時々思い出してしまいます ( 京都府 / 学生 女 )
2003年の今頃
08-06-06 天国の香田証生さんへ ( 宮城県 )
08-05-26 こんなに遅くにここにたどり着きました。 ( 東京都小金井市 / 働く母 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme