2004年10月31日(日) |1323781 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[77] 香田証生さんへ(福岡県)2004-11-30 01:29:16

ショックでした。日本人男性がイラクで拘束された。その一報が入ったとき。ずっと祈り続けていた想いも届かず証生さんは殺されました。涙が出ました。「軽率だよ」周りの意外にも冷たい反応に心の中で反発した。怖かっただろうね。どんな想いで自分と向き合い自分の生きていく世界とつながって生きていこうかと模索してイラク入りしたんだろう。私も自分探しの旅ヘカンボジアへ彼と同じくらいの歳に飛んだことがあった。戦地を求めてカンボジアに飛んだ市ノ瀬泰造に憧れて。だから気持ちが分かる気がするの。痛かっただろうね。生きて帰ってきたあなたに会って話してみたかった。今の私にできるのはあなたのご冥福を祈ることだけです。安らかにお眠り下さい。そしてご家族のみなさんに一日でも早く平穏な気持ちが戻りますように心からお祈り申し上げます。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2018年の今頃
20-04-09 あなたを思い出すタイミング ( 東京都 / 24歳 女 )
2008年の今頃
10-05-01 俺は忘れない! ( 栃木 / 会社役員「 )
2007年の今頃
09-04-09 証生さんへ ( 福岡県 )
2006年の今頃
08-04-09 証生くんのお母さん… ( 埼玉県 )
2004年の今頃
06-05-05 深い問いかけの意味 ( 神奈川県 )
06-04-15 聖週間 ( 東京都 / 千代田区、会社員 )
06-04-12 イラク入りした証生さんの意思 ( サイト管理者 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme