2004年10月31日(日) |1199375 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[106] 何で助けないのですか?(岡山県/?? 女)2004-12-30 00:58:38

なんとなく香田さんのことを思い出して検索したらココに来ました。
私は香田さん殺害の映像を見てしまいました。とても悲惨な映像でそれを見終わった後私は恐怖で泣いてしまいました。私は人が殺されるトコロをみたのがショックでそしてその時の映像が今も頭から離れません。イラクの人たちはなんて考えをもっているのかと思いました。
私の周りの大人は「行くなと止められて行くほうが悪い。殺されて当然。」などと言っていました。ですがそれは本当なんでしょうか?
人の命というものを軽く考えすぎだと思います。そりゃぁ自衛隊の人たちに迷惑がかかる、お金がかかるかもしれませんが命に比べればそんなのたやすいものではないのでしょうか??
皆さんは命の尽きる瞬間というものを見たことがないからそんなことが言えるのでしょう。私の祖母は今年の夏に亡くなりました。そのとき私は祖母の人の命の尽きる瞬間を見ました。とてもショックでした。その時から「命」というものにとても関心を持ちました。
よくTVなどで自殺はいけないなど言っていますが、そんなに命を無駄にしてはいけないと言うのならなんで香田さんを助けなかったのですか??それっておかしぃんじゃないのですか?もっと命に関心を持ってくれる人が増えることを祈ります。。。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2018年の今頃
19-06-16 平成が過ぎ去り、令和になりましたよ。 ( 東京都 / 24歳 女 )
2011年の今頃
12-06-15 人に忘れられたとき、はじめて人は死ぬ。 ( 長野 / 24歳バックパッカー )
2010年の今頃
11-06-05  ( 東京 / 信也 )
11-06-03 証生さんとチェ・ゲバラ ( 東京 / 信也 )
11-06-03 証生さんと吉田松陰 ( 東京 / 信也 )
2007年の今頃
08-06-06 天国の香田証生さんへ ( 宮城県 )
08-05-26 こんなに遅くにここにたどり着きました。 ( 東京都小金井市 / 働く母 )
2005年の今頃
06-06-11 181さん ( アメリカ / 社会福祉関係 )
06-06-06 証生さん、どうか私をお守り下さい ( )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme