2004年10月31日(日) |1126661 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[425] 今夜は満月です(東京都/23歳 女)2018-06-28 17:21:18

証生さん、こんばんは。下に書き込んだ者です。またどうしても書き込みたくなって来てしまいました。あの後色々な方のメッセージを読みました。あれから証生さんについて色んなことを調べました。正直、最初は恐怖しかなくて、申し訳ないのですが忘れたかったんです。でも最近になっては、証生さんのことを知ったことをきっかけに平和について漠然とですが考えています。このサイトの書き込みは年々少なくなっていることに気づきました。テレビのバラエティ、CMはいつも通りで、街行くおじさんのサラリーマンとか、きっと当時を知っている方々も今を生きていて、証生さんのこと忘れちゃったのかな、なんて思ってます。そりゃ四六時中考えることなんて無茶な話だから仕方ないけど…。私も四六時中はあなたのこと、思っている余裕がなくて。でもあなたのこと忘れられなくて。たまにあなたのこと思ってます。2018年の今はね、こんなものがあるんだよ、とかこんな可愛い女の子がテレビに出ているんだよ、とか教えたい気持ちになってます。なんなんだろうこの気持ち?証生さんの友達でもなんでもない、あなたにとっては赤の他人だし、証生さんの眠っているところより遥か遠い東京に住んでいます。でも飛行機に乗っていって、証生さんお墓の前で話したい気持ちがあるのです。私は下に書いた通り賢くもない、いわゆる頭が悪いフリーターの女です。今こんなことが起こってるとか、私が悩んでることとか、話したい気持ちで今はいっぱいです。証生さんを通してワーキングホリデーに興味を持ちました。海外に行ったことはないけれど、お金を貯めたらいつかやってみたいな。ワーキングホリデーのワの字もしらないけれど、知ることが出来たのは、視野が広がったのは証生さんのおかげです。今夜は満月でした。働いた夜、帰り道綺麗な月だなと思ってましたが、 テレビで六月の満月はストロベリームーンと言うのをしりました。証生さんも見てるのかな。綺麗な月でしたね、ほんとに。きっとまたすぐにここに来ちゃいそうです。なにも内容のない文だけど、証生さんに届け〜!

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2010年の今頃
10-09-17 証生くん、安らかに眠れてるだろうか? ( 東京都 )
10-09-09 この時期になると… ( 近畿 / 二年。 )
2009年の今頃
09-09-30 香田君。 ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-30 ごめんね ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-30 こんにちは ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-29 香田君 ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-29 こんばんは。 ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-29 生きているうちに ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-29 おはようございます。 ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-28 こんばんは ( 日本 近畿 / 高一 女 )
09-09-28 悲しい ( 日本 近畿 / 高一 女 )
09-09-28 おはようございます。 ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-27 決して風化させない ( 日本 近畿 / 高一 )
09-09-27 こんばんは。 ( 日本 / 高一 花 )
09-09-27 ごめんなさい。 ( 日本 近畿 / 高一 女 )
09-09-27 こんにちは ( 日本 )
09-09-27 お休みなさい ( 日本 / 近畿 高一 )
09-09-27 証生さん、こんばんは。 ( 日本 / 女 高一 )
2007年の今頃
07-09-28 証生くん。 ( 青森県 )
07-09-19 本多香織さんの意見陳述書 ( 管理者より )
2006年の今頃
06-09-12 〜 9.11 〜 ( 大阪府 / JAPAN )
2005年の今頃
05-09-30 香田さんへ ( 日本 / 22歳 社会人1年生 )
05-09-11 香田さんへ ( 日本 )
05-09-08 助けに行きたかった。 ( 千葉 / 大学院生 )
05-09-07 証生君へ ( 宮崎県 / 都城市 家庭教師 )
05-09-04 証生くん今どうしてるの? ( 福岡県 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme