2004年10月31日(日) |1148090 visits since 2004.10.31 |AcNet Project

香田証生さんを偲ぶメッセージ集

[75] 今でも・・・涙。(愛知/34歳・女)2004-11-29 15:22:18

一ヶ月たってもまだ涙が出ます。証生君のことを思うと胸がしめつけられるようです。悔しくて、悲しくて、腹が立って・・・。この気持ちをどこへぶつけたらいいのでしょう?書きたいことはたくさんあるのにうまくまとめられません。平和なのが当たり前になってしまった日本人に、証生君は今の日本について考えるきっかけを与えてくれたと思います。戦争・平和・命の大切さ・・・私自身、今までこれ程考えたことはありませんでした。この事件を風化させないでほしい。皆さんの書き込みを読むと、私自身も救われる気がします。今日は証生君の誕生日だそうですね。証生君、安らかに。あなたが願った平和な世界を私も祈り続けます。

NHK World (2011.2.1) Real Life Lessons
(日本・イラク間の小学校交流)
(=> QuickTime形式ファイル )
Radio Japan 2010.12.23
Saleem visits Kouda family
2017年の今頃
17-12-23 イヴですね ( 茨城県 )
2010年の今頃
10-12-13 イラクの子供たちのために ( 東京都 )
10-12-04 番組紹介 ( 2010.12.5 ) ( サイト管理者 )
2009年の今頃
09-12-23  ( シリア / 学生 )
09-12-22 あたしは ( 日本 近畿 / 高一 )
09-12-11 カンタービレ ( 日本 近畿 / 高一 )
09-12-08 今考えていること ( 兵庫 / 学生 )
09-12-07 香田さん ( 日本 近畿 / 高一 )
2008年の今頃
08-12-18 雪が・・・ ( 福岡県 )
08-12-05 証生さん ( 東京都 / 26歳、女性 )
08-11-30 忘れないでいてくれて ( 福岡県 / 宗像市 )
08-11-30 遅れてごめんなさい・・・ ( 埼玉県 )
08-11-29 証生さんへ ( 福岡県 )
2007年の今頃
07-12-19 今のあなたは... ( 埼玉県 )
07-12-04 証生さん安らかに ( 神奈川県 / 横浜市青葉区 )
2005年の今頃
05-12-24 何が残ったのか ( 東京都 / 千代田区、会社員 )
05-12-09 Merry☆Christmas !! ( 埼玉県 / energy worker )
2004年の今頃
04-12-23 毎日毎日香田さんのことを考えてます。 ( 神奈川県 / 中学3年 )
04-12-20 同じような思いを持っている人がいると知り、安心しました。 ( 愛媛県 / 新居浜市 )
04-12-18 悲しみを胸に刻んで ( 東京都 / 28歳女性M )
04-12-17 目を覚ましてください ( 神奈川 )
04-12-14 。。。今、私達に出来る事。。。 ( 大阪府 / JAPAN )
04-12-12 考えていることは皆同じ ( 沖縄県 / 30代、男 )
04-12-12 香田証生さん、あなたは悪くない! ( 長野県 )
04-12-09 すごくショックを受けました、 ( 神奈川県 )
04-12-09 命 ( 長野 / 学生 )
04-12-07 得ることの出来ないこと ( 滋賀甲賀市 / OL )
04-12-07 天国の香田証生さん ( 静岡県 / 介護士 )
04-12-06 同じバックパッカーとして ( 群馬県 / バックパッカー )
04-12-05 けっして忘れません。 ( 福岡県 / 福岡市 )
04-12-05 証生氏の死を決して無駄にしません。 ( 福岡 / 福北ゆたか線 )
04-12-05 香田証正さんへ ( 滋賀 / 野洲市 )
04-12-03 ココにメッセージを残す事くらいしか力になれない無力な自分が悔しい・・・。 ( 大阪府 / JAPAN )
04-12-03 証生さん。 ( 関東 )
04-12-02 何かが間違っている ( 沖縄県 / 30代、男 )
04-12-02 香田証生さんのご冥福をお祈りいたします ( 長野県 )
04-11-30 香田誕生さんへ ( 東京都 / 52才男性 )
04-11-30 香田証生さんへ ( 福岡県 )
04-11-29 香田クンの死を無にしないためにも ( 東京都 )
04-11-29 今でも・・・涙。 ( 愛知 / 34歳・女 )
わが友「香田証生君」の死から1年をむかえて(2005年10月28日四ノ宮 浩
画家Maurice Loirand (1922-2008)(同夫人の詩人霜鳥和絵さんは「眠る詩人の木」の著者)のコレクションより:

La grande ferme